Topics

大会長賞受賞のご報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  

先日開催されました第36回東京都理学療法学術大会において、苑田会人工関節センター病院の田澤智央PTが大会長賞を受賞しました。

発表演題は「人工膝関節置換術後患者に対するVirtual Realityの使用経験:ケースシリーズ」です。

今回の研究にご協力いただいた患者様、VR運動課題の共同開発と使用機器の貸与をしてくださった株式会社アイデアクラウド様、お力添えを頂いた苑田会リハビリテーション科スタッフの皆さまに感謝申し上げます。

今回の賞に満足せず、今後も患者様の満足度向上のために尽力いたします。

 

 

関連記事

トピックス

  1. 理学療法ジャーナルで「単純X線写真 読影達人への第一歩」というテーマで、全4回にわたり脊椎疾患のX線...
  2. 当院は2月1日より越谷十全病院から湖街ホスピタルへと新設し、回復期病棟(56床)一般病棟(55床)地...
  3. こんにちは。竹の塚脳神経リハビリテーション病院で作業療法士をしている古田憲一郎です。