Topics

第二病院 地域包括ケア病棟の紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、第二病院の中崎です。

本日は当院の地域包括ケア病床を紹介させて頂きます。

地域包括ケア病床とは「病状が安定した患者様に対して、医療スタッフがチームとなり在宅復帰に向けた支援を行い、安心して退院していただけるようにサポートする病床のこと」です。

入院期間は状況により異なりますが、最長60日を限度としており、ベッドは22床あります。

対象となる方は以下のようになっています。

・ご自宅やご自宅に準ずる施設への退院が可能な方
・病状が安定したが、もう少し経過観察が必要な方
・ご自宅での受け入れまでに療養準備が必要な方
・退院許可が出ているが、もう少しリハビリを希望される方
・ご家族の事情(病気、冠婚葬祭、出産、旅行など)により、ご自宅での介護が一時的に困難になった方
※上記以外の患者様もご相談ください

地域包括ケア病床でのリハビリテーションは疾患別リハビリテーションと同様に、一人一人の状態や能力に合わせて個別で行っています。

地域包括ケア病床のカンファレンスでは、医師、看護師、リハビリスタッフ、MSWだけでなく、薬剤師、管理栄養士、医事課スタッフなど多種職が参加して自宅退院を支援しています。

ご相談、ご不明な点がございましたら下記までご連絡ください。

医療法人社団苑田会 苑田第二病院
TEL:03-3850-5723

関連記事



トピックス

  1. 2015.6.18

    走RUN会
    苑田会の各病院のリハビリスタッフ30名が「Tokyo Run Advance」の15km駅...
  2. 第50回 日本理学療法学術大会が東京国際フォーラムで開催されました。
  3. 6月3日(水)より,新卒者対象の病院見学会を開催いたします.毎週水曜日,10:30〜各病院の...