Topics

第13回国際リハビリテーション医学会世界会議 発表報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

去る6月9日から13日まで国際リハビリテーション医学会世界会議が神戸にて開催されました.苑田会から6名が発表してきました.業界では,ホットな超音波画像やバーチャルリアリティーを用いた研究が多かったように思います.苑田会も最先端医学を取り入れている施設もあります.患者様の満足度がさらに向上できるよう,今後も新しい取り組みにチャレンジし続けます!

 

 

 

発表者(所属):演題名は以下の通りです.

・美崎定也PT(苑田会人工関節センター病院):Development and Validation of the Prediction Model in Health-related Quality of Life after Total Knee Arthroplasty

・山口英典PT(苑田会人工関節センター病院):Telerehabilitation Feasibility in Knee Joint Replacement

・遠藤敦士PT(苑田第三病院):Relationship between changes in skeletal muscle and Oswestry Disability Index following spinal fusion surgery: subgroup analysis based on disease type

・川口俊太郎PT(苑田会リハビリテーション病院):Clinical assessment of immersive virtual reality system to evaluate near and far space neglect in individuals after stroke: a case report

・田澤智央PT(苑田会人工関節センター病院):Association of difficulty in descending stairs with age and sex group in patients underwent total knee arthroplasty

・澤広太PT(竹の塚脳神経リハビリテーション病院):Effects of Lateral Truncal Tilt Balance Training with Wedge on Subjective Postural Vertical and Sitting Balance in Patients After Stroke

関連記事



トピックス

  1. 2015.6.18

    走RUN会
    苑田会の各病院のリハビリスタッフ30名が「Tokyo Run Advance」の15km駅...
  2. 第50回 日本理学療法学術大会が東京国際フォーラムで開催されました。
  3. 6月3日(水)より,新卒者対象の病院見学会を開催いたします.毎週水曜日,10:30〜各病院の...