苑田会人工関節センター病院リハビリ科
東京都で初めての人工関節とスポーツ整形の専門施設です。

東京都で初めての人工関節とスポーツ整形の専門施設です。 患者数の多い膝疾患に対応した“MIS QS(大腿四頭筋温存型最小侵襲手術)”という最新の手術を受けることが可能な,日本で極めて数少ない施設の一つです。
専門的な知識と技術を持った医療スタッフが患者様の生活最優先の治療に当たります。 人工関節治療を十分に理解して頂くために,徹底した説明(インフォームドコンセント)を行います。
当院では,①人工関節の最先端治療(筋肉を全く切らないMIS最小侵襲手術,内視鏡手術,ナビゲーション手術,先進医療手術など),②人工関節の術後スポーツ活動,長期の耐久性を満たすための最先端医療を行っています。
傷口も小さく患者様のQOL(生活の質)向上に大きく貢献します。 同じ苑田会病院のリハビリテーション専門施設と連携し,丁寧な術後のケアを行います。

リハビリテーション科の取り組み

当院では入院リハビリテーションと外来リハビリテーションを行っています.入院リハビリテーションでは主に手術後の患者様を,外来リハビリテーションでは,手術前・退院後の患者様や保存療法の患者様を対象としています.

<エビデンスに基づいた医療への取り組み>

毎週1回,英文抄読会を行っています.最新の知見や信頼性のある検査法などを調べ,知識を共有し,各スタッフが質の高いリハビリテーションを提供できる ようにしています.また,月2回の統計勉強会を開催し,論文への批判的吟味を行える能力を養えるように励んでいます.
英文抄読会や統計勉強会から得られた知識を用いて,年15件の学会発表を目標に,研究活動を行っています.
 
<研究活動>

人工関節の手術を受けられた患者様の満足度を高めるため、積極的に研究活動に取り組んでいます.現在は,膝の痛みに影響する身体機能因子の調査やパンフレットを用いた患者教育の介入効果,2016年から話題になっているバーチャルリアリティを用いた介入効果の検証などを進めています.

 
<早期リハビリテーション・早期回復>

人工関節の手術を受けられた患者様に対して,早期からリハビリテーションを行うことにより,深部静脈血栓症や不動による二次的な筋力低下を防ぐことができます.

人工関節術後における早期の高負荷トレーニングは、通常のリハビリテーションよりもADL改善が認められたと報告があります.そのため、私たちは早期よ り日常生活の 改善を目標に,高負荷エクササイズを実施しています.また,患者様に応じて物理療法(神経筋電気刺激,バイオフィードバック,アイシング)を併用します. ただし,手術後早期は創部の痛み,起立性低血圧など,十分な医学的管理が必要とされます.そのため整形外科医,麻酔科医,看護師らと密に連携をとり,リハ ビリテーションを進めています.

 sjrc001_03
<健康増進(アンチエイジング)>

当院で手術を行った患者様を対象に、ウォーキングイベントを開催しています。今春は皇居外苑5キロコースを歩きました。今後も春季・秋季に定期的に開催し、身体活動の維持と健康の増進を図っていきます。

 sjrc001_04

 

リハビリテーション科の特色。
<手術前から社会復帰までの一貫したリハビリテーションの提供>

手術前から社会復帰までの一貫したリハビリテーションの提供
私たちは手術予定となった患者様に対して,手術前より筋力トレーニングやご自宅での運動指導,術後についての指導などを行います.また退院後も継続してリハビリテーションを行い社会復帰までお手伝いしています.
※詳しくはリハビリテーションスケジュールをご覧ください.

 
<手術前のオリエンテーション>

手術前の患者様に対して,術後リハビリの目的や頻度,手術後の注意点,退院の条件などについて、説明を行っています.

 sjrc001_06
理学療法外来>

医師の外来診察日に,理学療法士が診察室に常駐し,ホームエクササイズやADLの指導,定期評価を行っています.

 sjrc001_07
 アスレティックリハビリテーション>

スポーツ選手を対象に,アスレティックリハビリテーションを行っており,スポーツ復帰までフォローしています.主なスポーツ種目は,相撲,格闘技,ラグ ビー,アメリカンフットボール,バレエ,野球などであり,スポーツレベルはトップアスリートからレクリエーションレベルまで様々です.

 

 

リハビリを実施している主な疾患
・人工膝関節全置換術後
・人工膝関節単顆置換術後
・人工股関節全置換術後
・変形性股関節症
・変形性膝関節症
・変形性足関節症
・先天性股関節脱臼
・大腿骨・脛骨内顆骨壊死症
・リウマチ性関節炎
・半月板損傷
・膝靭帯損傷
・スポーツ外傷・傷害
(肩・足関節など)
・その他整形外科疾患

 

過去2年間のリハビリ件数
2015年 2016年
疾患 入院 外来 入院 外来
膝関節 462 370 381 333
股関節 154 125 163 140
スポーツ外傷・障害など 57 237 50 111

 

院内勉強会

英文抄読会(毎週)
治療・技術勉強会(毎週)
統計勉強会(月2回)
新人向け勉強会(随時)
触診実技勉強会(肩・股・膝関節)

スタッフの所属学会および取得資格

日本理学療法士協会13名
(専門理学療法士(運動器) 1名)
(認定理学療法士(運動器) 5名)
(認定理学療法士(スポーツ) 3名)
日本体育協会公認アスレティックトレーナー 2名
CSCS(認定ストレングス& コンディショニングスペシャリスト)1名
日本人工関節学会 3名
日本股関節学会 1名

日本公衆衛生学会 1名
臨床スポーツ医学会 2名
日本赤十字救急法救急員 1名
福祉用具プランナー 1名

福祉住環境コーディネーター 1名

介護予防推進リーダー 1名

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  


トピックス

  1. 2015.6.18

    走RUN会
    苑田会の各病院のリハビリスタッフ30名が「Tokyo Run Advance」の15km駅...
  2. 第50回 日本理学療法学術大会が東京国際フォーラムで開催されました。
  3. 6月3日(水)より,新卒者対象の病院見学会を開催いたします.毎週水曜日,10:30〜各病院の...