苑田会リハビリテーション病院
回復期リハビリテーション病院です。

平成18年5月に開院した132床の回復期リハビリテーション病院です。回復期リハビリテーション病院とは病気の進行が落ち着いた患者様を対象に、元の生活に近づけるよう必要な日常生活の練習を集中的に行う施設です。リハビリテーションスタッフは移動や運動機能改善を支援する「理学療法士」が43名、食事やトイレ等、日常生活に必要な動作の能力改善を支援する「作業療法士」が14名、言葉や摂食能力の改善を支援する「言語聴覚士」が6名の計63名となっております。1日でも早い退院に向け、医師・看護師・相談員などと綿密な連携をとり、患者様の状態やご希望に沿ったリハビリテーションを提供しております。当院では、理学療法士や作業療法士による通所リハビリ・訪問リハビリも行っており、住み慣れた地域で安心した生活が継続できるように、退院後も、継続したリハビリの提供をさせていただいております。

 

患者様・ご家族様のご希望に沿ったご支援を目指して

お身体の状態や日常生活で必要とされる動作は、それぞれの患者様で異なります。当院では、患者様・ご家族様のご希望に沿えるように、様々な視点からご支援や取り組みを行っております。

 

平成29年10月より苑田会リハビリテーション病院にて経頭蓋磁気刺激(TMS)が導入されました。

TMSとはコイルを用いた電磁誘導により直接患部に侵襲を与えることなく大脳を刺激する治療です。この治療法によって患者様に痛みや不快感等を与えることはほとんどありません。

当院ではこのTMSを実施後、リハビリテーション専門職のセラピストが集中的にリハビリテーションを行う事により脳卒中後の機能改善を目指します。

<設備の充実したリハビリテーション室>

法人内最大規模の広さがあるリハビリテーション室と6室の言語聴覚訓練室を有しております。リハビリテーション室には、入浴やトイレを模擬的に練習する装置があり、手すりや浴槽の高さを変えながら、ご自宅を想定した練習ができます。また、3次元動作解析装置や座圧計等の機器を導入しており、細かな動きの分析やデータに基づいた練習を提供させていただいております。

 sorh_001
<病棟での集団作業活動>

毎日40分程度、歌や体操、ちぎり絵等の手工芸、ゲーム等の集団活動を行っており、患者様のお身体の状態やご希望により参加していただいております。病気を機に、落ち込んだり、塞ぎがちになった心に、集団活動の中で自信をつけたり、退院に向けて社会性を再獲得する等のご支援をさせていただいております。

sorh_002
<福祉用具貸与・販売業者との提携>

歩行器や車いす、各種クッション等、福祉用具が貸与・使用できるように、業者と提携しております。ご本人様に合った福祉用具を選定する事で、入院生活を過ごしやすくしたり、入院中から退院後に使用する福祉用具を色々と試用できるように、ご支援させていただきます。

 
<退院後のご支援① 通所リハビリテーション>

退院後もリハビリテーションが継続できるように、通所リハビリテーションを行っております。当院のスタッフと一緒に目標を立て、ご利用者様がその人らしい健康な生活が送れるように、リハビリテーションを継続して実施する事ができます。

 
 <退院後のご支援② 訪問リハビリテーション>

ご自宅の環境で実践的な練習が行いたいご利用者様や通所リハビリテーションのご利用が困難なご利用者様には、当院のスタッフがご自宅に訪問させていただき、リハビリテーションを実施させていただきます。

 sorh_005
<予防講座の開催>

入院患者様や地域の方を対象に毎月第3月曜日15:00より予防講座を行っています。
講座内容としては、脳卒中予防講座・認知症予防講座・転倒予防講座があります。入院患者様や地域の方に専門知識をもったセラピストが生活習慣の改善・運動指導を中心に予防方法について詳しくアドバイス致します。

 

リハビリを実施している主な疾患。
脳梗塞 低酸素脳症 大腿切断
脳出血 廃用症候群 椎間板ヘルニア
くも膜下出血 脊髄損傷 脊椎圧迫骨折
急性硬膜下血腫 脊柱管狭窄症 大腿骨頸部骨折
脳挫傷 下腿切断 変形性膝関節症

 

当院入院患者様の割合。
平成28年度割合
脳血管疾患 54%
運動器疾患 37%
廃用症候群 9%

 

過去2年間のリハビリ件数
平成27年度 平成28年度
脳血管疾患 258件 220件
運動器疾患 144件 149件
廃用症候群 24件 36件
総件数 426件 405件

 

在宅復帰率77.3%。

「多くの患者様に出来るだけリハビリテーションの機会を提供したい」この考えに基づき当院はリハビリテーションによる改善の可能性があれば症状の重度な患者様もお受けしています。その状況下においても現在77.3%の在宅復帰率を実現しております。

院内勉強会について。

事例検討会( 2回 / 月 )
リスク管理、感染対策勉強会( 随時 )
触診技術勉強会
評価・治療手技勉強会( 随時 )
治療機器勉強会( 随時 )
学会・研修会等の伝達講習会( 随時 )

スタッフの所属学会および取得資格。

< 所属学会・協会 >
日本理学療法士協会  43名
(専門理学療法士(運動器) 1名)
(認定理学療法士(脳卒中) 1名)
(認定理学療法士(運動器) 1名)
(認定理学療法士(管理・運営)1名)
(生涯学習制度(新人教育プログラム) 臨床指導施設)
日本作業療法士協会  14名
日本言語聴覚士協会  6名
日本訪問リハビリテーション協会  1名
日本PNF学会  1名
国際PNF学会  1名
日本心臓リハビリテーション学会  2名
日本臨床作業療法学会  3名
日本義肢装具学会  1名
バイオメカニズム学会  2名
理学療法科学学会  1名
日本離床研究会  4名
日本静脈経腸栄養学会  1名

< 取得資格 >

回復期セラピストマネージャー  1名(回復期リハビリテーション病棟協会認定)
日本理学療法士協会指定管理者(初級)
呼吸療法認定士  1名
ケアマネジャー  1名
初級障がい者スポーツ指導員  2名
園芸療法スタディ1級  1名
鍼師、灸師、あん摩マッサージ指圧師  1名

 

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


トピックス

  1. 2015.6.18

    走RUN会
    苑田会の各病院のリハビリスタッフ30名が「Tokyo Run Advance」の15km駅...
  2. 第50回 日本理学療法学術大会が東京国際フォーラムで開催されました。
  3. 6月3日(水)より,新卒者対象の病院見学会を開催いたします.毎週水曜日,10:30〜各病院の...