Topics

日本PNF学会学術集会 発表報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平成29年10月22日に日本PNF学会学術集会(https://www.pnfsj.com/)が開催されました。
今回の特別講演では、「病院完結型」から「地域完結型」医療への変化におけるPNFアプローチを考えるをテーマに、今後の理学療法士のあり方やPNFアプローチ方法などを聴くことができとても貴重な講演でした。また、一般演題においても活発なディスカッションがなされ、今回の学会で得た知識を臨床現場で活かしていきたいと感じました。
以下、発表演題です。
発表演題【演題名:発表演者(所属)】
・固有受容性神経筋促通法の骨盤のパターンの静止性収縮が足関節底屈筋群の筋力に及ぼす影響:白谷 智子(苑田第二病院)
・脊椎圧迫骨折患者に対する骨盤運動パターンの中間域での静止性収縮促通手技(SCPD手技)が膝関節屈筋群に及ぼす効果:保原 塁(苑田第二病院)

関連記事



トピックス

  1. 2015.6.18

    走RUN会
    苑田会の各病院のリハビリスタッフ30名が「Tokyo Run Advance」の15km駅...
  2. 第50回 日本理学療法学術大会が東京国際フォーラムで開催されました。
  3. 6月3日(水)より,新卒者対象の病院見学会を開催いたします.毎週水曜日,10:30〜各病院の...