Topics

苑田第三病院 古谷PTが国際雑誌「SPINE」に掲載されました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

苑田第三病院の理学療法士、古谷英孝の執筆した論文が、国際雑誌「SPINE」に掲載されました。タイトルは「Construct validity and reliability of the Japanese Version of the Lumbar Stiffness Disability Index」です。古谷PTが開発した日本語版Lumbar Stiffness Disability Indexの構成概念妥当性と再現性を検討した論文です。(https://journals.lww.com/spinejournal/Abstract/9000/Construct validity and reliability of the Japanese.93997.aspx

「SPINE」は脊椎分野の中で最高峰の国際雑誌です。インパクトファクター(影響度)も高い雑誌であり、理学療法士がアクセプトされるのは非常に稀なことです。

苑田会リハビリテーション部では、根拠に基づいた医療の提供を心掛けており、研究活動にも非常に力を入れています。このような日々の活動の結果を形にすることができました。これからも、研究活動を通して質の高い研究成果を世に発信していきます!

関連記事



トピックス

  1. 2015.6.18

    走RUN会
    苑田会の各病院のリハビリスタッフ30名が「Tokyo Run Advance」の15km駅...
  2. 第50回 日本理学療法学術大会が東京国際フォーラムで開催されました。
  3. 6月3日(水)より,新卒者対象の病院見学会を開催いたします.毎週水曜日,10:30〜各病院の...